「OS X 10.11.4」へのアップデート後に「FaceTime」や「iMessage」にログイン出来ない不具合が報告される

MacRumorsによると、先日リリースされた「OS X 10.11.4」にアップデートした一部のユーザーから、「FaceTime」や「iMessage」のサービスにログイン出来ない問題が報告されている事が分かりました。

osxelcapitan

問題を報告するユーザーによると、ログインしようとするとエラーがポップアップ表示されたり、下記動画のように何も起こらなかったりするようです。

問題は最近に新たにMacを購入したユーザーで報告されているようで、大部分が最新版の「OS X 10.11.4」を利用しているユーザーからであるものの、以前のバージョンの「OS X」を利用しているユーザーからも一部報告されているようです。

問題の原因はAppleのサーバーにあるのではないかとみられており、Appleも既にこの問題を認識しており、解決に向け取り組んでいるとのこと。

現在のところ確実な解決方法はなく、本当にAppleのサーバー側での問題であれば、少し時間を置いてから再度ログインしてみると良いのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。