Twitterのジャック・ドーシーCEO、140文字制限の撤廃を否定

今年1月、Twitterが3月末にもツイートの140文字制限を撤廃するようだと報じられ話題になりましたが、本日、Twitterのジャック・ドーシーCEOが140文字制限の撤廃を否定した事が分かりました。

new_twitter_logo
以前の情報では、140文字が撤廃されたとしても、140字以上のツイートもタイムラインではまず140字までが表示され、残りの文字はクリックもしくはタップしなければ表示されない仕様になると言われていました。

ジャック・ドーシーCEOは出演したテレビ番組で140文字制限の撤廃を否定し、初めて公の場でこの噂を否定した事になります。

ただ、タイムラインへのアルゴリズム(重要な新着ツイートをトップに表示する機能)導入の際、同氏は導入の噂が報じられた後に否定していたにも関わらず、その数日後に導入を発表した経緯がある為、140文字制限撤廃についても完全に計画がなくなったのかどうかは不明です。


[via iMore

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事