「watchOS 3」ではサードパーティ製の文字盤が利用可能に??

Appleは今秋に次期「Apple Watch」を発売するとみられていますが、本日、中国のWeiPhoneが、次期「Apple Watch」への搭載が予想される「watchOS 3」の新機能の一部を伝えています。

th_AppleWatch-3-Up-PRINT

今回報じられた「watchOS 3」の新機能をまとめると下記の通り。

・サードパーティ製文字盤のサポート
・背景など、文字盤のカスタマイズ機能の拡大
・手を振ることで通知を無視することが可能に
・バグの修正などによる、パフォーマンスの向上
・文字盤上で感圧タッチで操作出来る機能の拡大
・リマインダー、友達を探す、音声メモの追加

上記の中には実現されそうなものもありますが、これらの情報は海外サイトで報じられた内容として伝えられており、その情報元が不明の為、あくまで噂として捉えておいた方が良さそうです。

[via 小龍茶館

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。