Appleの新本社キャンパス「Apple Campus 2」の工事現場の内部を地上から撮影した写真

本日、Mashableが、Appleが今年後半の完成に向け建設中の新本社キャンパス「Apple Campus 2」の工事現場の内部を撮影した写真を公開しています。

t_AppleCampus2
公開された写真には、「オーディトリアム(講堂)」のエントランスホールの屋根を設置する工事や、円形の本社ビルのガラス取り付け工事などが写っており、いつものドローンでの空撮ではなく、地上から工事の様子を撮影したものとなっています。

円柱状になった講堂のエントランスには柱はなく、約1,000人が収容可能と言われており、完成後はこの講堂で新製品の発表イベントが開催されるものと予想されます。

t_AppleCampus7
t_AppleCampusEntrance
なお、Mashableには他にも数枚の写真が掲載されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事