ランサムウェア「KeRanger」が混入していた「Transmission v2.90」のダウンロード数は約6,500件

昨日、OS X向けの人気BitTorrentクライアントアプリ「Transmission」にOS Xでは初となるランサムウェア「KeRanger」が見つかった事が分かり、話題になりましたが、MacRumorsによると、「KeRanger」が含まれた「Transmission v2.90」のダウンロード数は約6,500回だった事が分かりました。

transmission-29

「KeRanger」が含まれていたインストーラーは日本時間の2016年3月5日午前4時から3月6日午前12時までの約32時間ダウンロード可能でした。

また、「Transmission」の代表であるジョン・クレイ氏は、同社のサーバーがサイバー攻撃を受け、「KeRanger」はその後に「Transmission」のディスクイメージに追加された事を明らかにしています。

なお、現在は同ランサムウェアに対応した最新版のバージョン2.92をリリースしており、Apple側もOS Xのウィルス定義ファイルをアップデートし対応済みです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。