「iPhone 7」は1㎜薄くなり、引き続き金属製筐体を採用か

本日、Macお宝鑑定団Blogが、次期iPhoneこと「iPhone 7」に関する最新情報を報じており、「iPhone 7」の本体サイズは「iPhone 6s」に比べ高さや幅は変わらないものの、厚みは液晶面側が1㎜薄くなるようだと報じています。

iphone_7_render_mr
また、噂されている通り、背面のDラインや3.5㎜ヘッドフォンジャックは無くなり、本体下部にあるスピーカーがモノラルからステレオスピーカーへと変更されるかもしれないそうです。

更に、筐体の素材については、これまでと同じく金属製の筐体が採用され、防水ではなく、防滴レベルに留まるものとみられており、カメラについては、アウトカメラレンズカバーが本体と一体化され、「iPhone 7」はデュアルカメラシステムを採用せず、「iPhone 7 Plus」がデュアルカメラシステムを採用するかどうかは不明とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事