日本マイクロソフト、「Microsoft Wireless Display Adapter」の新モデルを3月25日に発売へ

本日、日本マイクロソフトが、「Microsoft Wireless Display Adapter」の新型モデルを2016年3月25日より発売する事を発表しました。

wireless-display-adapter-2-02_story
同アダプタは、ワイヤレスディスプレイ規格「Miracast」を採用しており、Wi-Fiアクセスポイントや専用アプリを必要とせず、HDMI入力端子を備えたTVやモニターに接続するだけで、Miracastに対応したPC、タブレットやスマートフォンの画面をワイヤレスで、簡単にミラーリング接続したり画面を拡張したりする事が可能です。

新型「Wireless Display Adapter」は、2015年3月に発売した現行製品の最大の特長である「インターネット環境や専用アプリ不要で、簡単に接続ができる」機能を引き継ぎつつ、データの転送速度が改善され、より早く画面が共有できるようになり、さらに本体サイズが小さく(約40%短く)なり携帯性も向上しているとのこと。

th_WirelessDisplayAdapter_01_closed
なお、価格は6,980円で、3月25日より全国家電量販店およびMicrosoft Storeで発売され、本日より予約受付が開始されています。

 ・ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事