米Microsoft、人気キーボードアプリの「Swiftkey」を買収へ

The Financial Timesによると、米Microsoftが、人気キーボードアプリ「Swiftkey」を開発しているSwiftkey社を2億5000万ドル(約300億円)で買収するようだと報じています。

kb-hero__device--hi
両社はここ数ヶ月間、協議を進めてきたようで、キーボードアプリの「Swiftkey」は人工知能でキーボード入力を予測する機能が特徴で、SDKを含めると5億台以上のスマホで使用されていると言われています。

なお、同社の社員150人はMicrosoft Researchにそのまま移る予定で、買収後の同アプリがどうなるのかは不明ですが、買収に関しては近いうちに正式に発表される模様。


[via TechCrunch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事