「iPhone 7」ではiSightカメラの出っ張りがなくなり、背面のDラインも一部改良か

本日、MacRumorsが、過去に信頼性の高い情報を提供した実績がある情報筋の話として、「iPhone 7」のデザインは基本的には「iPhone 6/6s」に似ているものの、リアカメラ(iSightカメラ)の出っ張りがなくなるようだと報じています。

iphone_7_render_mr
「iPhone 7」ではより薄型のカメラモジュールが採用され、「iPhone 6/6s」のように出っ張らないデザインになるとのこと。

また、本体背面にあるアンテナ用のDラインが変更され、背面は全て金属製になるものの、エッジ部分には同様のラインが残るそうです。(上記イメージ画参照)

更に、カメラはデュアルカメラではなく、これまでと同様の通常のカメラが搭載されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事