Apple、世界各国で「iPhone 6sで撮影」の広告キャンペーンを実施へ

TIMEによると、Appleが「iPhone 6sで撮影」の広告キャンペーンを実施する事が分かりました。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
同社は昨年に「iPhone 6/6 Plus」で撮影した写真を紹介する「iPhone 6」で撮影」の広告キャンペーンを実施していましたが、今年も「iPhone 6s/6s Plus」で同様のキャンペーンが実施されるようです。

今年のキャンペーンは現地時間の1月31日より世界26カ国の85都市で実施され、世界中から41人のアマチュア及びプロのカメラマンが撮影した写真53枚が採用されており、今年はポートレート写真(人物をテーマの中心に置いた写真)がテーマとなるようです。

現在のところ公式ページなどは公開されていないものの、恐らく日本でも駅の構内などに広告として写真が掲示されるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事