Apple、「Apple AC 電源プラグ交換プログラム」を発表 − 一部の電源プラグに感電の危険性

本日、Appleが、Macや一部のiOSデバイスの同梱物として出荷された電源プラグを無償交換する「Apple AC 電源プラグ交換プログラム」を発表しました。

th_MD837

ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、アルゼンチン、ブラジル向けに設計された2芯のApple AC 電源プラグ (「ダックヘッド」) がごくまれに故障し、手で触れると感電する危険性があることが判明したそうで、これらの電源プラグは、2003年から2015年にかけてMacや一部のiOSデバイスの同梱物として出荷され、Apple ワールドトラベルアダプタキットにも含まれていたものになるとのこと。

対象の電源プラグの見分け方はこちらのサイトに記載されていますが、日本向けのAC電源プラグやApple USB 電源アダプタは本プログラムの対象外の為、日本の方で対象となるのは、海外版のApple製品を購入した方や、Appleワールドトラベルアダプタキットを購入した方になります。

なお、詳細は下記リンク先をご覧ください。

 ・Apple AC 電源プラグ交換プログラム

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。