Apple、「iOS」や「OS X」のSafariが強制終了する不具合を修正 − まだ発生する場合の対処方法も

昨晩、「iOS」のSafariでアドレスバーをタップすると強制終了となる不具合が世界的に発生し話題になりましたが、その後、Appleが同問題を修正した事が分かりました。

ios-8-safari-tips_thumb800
同不具合はSafariの「検索候補」機能をオンにする事で発生していましたが、現在も同様の不具合が直っていないという場合は、「設定>Safari>履歴とWebサイトデータを消去」で履歴とWebサイトデータを削除する事で解消されます。

また、「OS X」の場合はメニューバーにある「Safari>履歴を消去…」より履歴を削除する事で修正可能です。

[via BuzzFeed, Appleちゃんねる

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事