MicrosoftのWindows担当幹部が「iPhone」からツイートして話題に

MicrosoftのOS担当のコーポレートバイスプレジデントであるジョー・ベルフィオーレ氏が、「iPhone」からツイートしていた事が話題になっています。

CZoRmyjWQAAu25u 2

ベルフィオーレ氏は各種イベントでのWindows PhoneやCortanaのデモでお馴染みの人物ですが、同氏は2015年11月から1年間の長期休暇中で、日本の京都にある御髪神社を訪れており、その際に撮影した写真をTwitterのiPhone向け公式アプリからツイートしていた事が判明し、ユーザーからは疑問の声があがるなど、ちょっとした騒ぎになっていました。

その後、同氏はこの件について、Windows、Android、iOSのエコシステムの利点や欠点を完全に理解する為に、それらを日々の生活のなかで使わなればならないと釈明しており、それには数日触るだけでは不十分で、UIを学び、写真をアップロードし、クロスデバイスアプリケーションやツールを使用するなど、全てを使いこなす必要があるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。