Microsoft、「Windows」のサポートポリシーを更新 − 新世代プロセッサ搭載端末は最新の「Windows」のみをサポートへ

米Microsoftが、「Windows 7/8.1」に関するサポートポリシーを更新し、Intelの第6世代Coreプロセッサ(Skylake)を搭載する端末にインストールされた「Windows 7/8.1」のサポートは2017年7月17日までになる事が分かりました。

windows-logo-06_story
2017年7月17日以降も重要なセキュリティアップデートは提供が継続されるものの、サポートを受ける為には「Windows 10」にアップグレードする必要があるとのこと。

「Windows 7/8.1」の現行のサポートライフサイクルは、「Windows 7」の延長サポートが2020年1月14日まで、「Windows 8.1」のメインストリームサポートが2018年1月9日まで、延長サポートが2023年1月10日までとなっていますが、このライフサイクル通りのサポートを受けるには、Skylakeよりも前の世代のプロセッサを搭載した端末を購入する必要があります。

また、今後は新世代のプロセッサを搭載した端末は、その時点で最新の「Windows」のみサポートするようになり、Intelの次世代プロセッサ「Kaby Lake」やQualcommの「8996」などを搭載した端末は「Windows 10」のみをサポートする形になるようです。


[via ITmedia, Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事