Microsoft、「Apple SIM」のような独自のSIMカードを発売へ

Appleは携帯電話会社のネットワークを自由に行き来したり、旅行中に現地のネットワークに接続して安価にインターネットを利用したりできる独自のSIMカード「Apple SIM」を販売していますが、どうやらMicrosoftも独自のSIMカード「Microsoft SIM カード」を発売するようです。

simcards-gsm-association-1
これはMicrosoftがWindows Storeにて「Cellular Data」というアプリをリリースしている事から分かったもので、同アプリにより、Microsoft アカウントを使用するだけで、全国に広がる信頼できる携帯データネットワークに携帯電話会社との固定契約や長期契約を必要とせず接続できるとのこと。

また、同アプリは特定のWindows 10 デバイスでのみ動作するように設計されており、「Microsoft SIM カード」が必要とのことで、サービスは複数の市場で利用可能になるようです。

これらの事から、近日中にもMicrosoftから「Microsoft SIM カード」が正式に発表されるものと予想されます。

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事