Twitter、10,000文字のツイートを行える新機能の導入を検討中

Re/Codeが、Twitterの計画に詳しい複数の情報筋の話として、Twitterは従来の140文字制限よりも長い文字数のツイートを行う事が出来る新しい機能を開発しており、2016年第1四半期末に向け提供を開始する事を計画しているようだと報じています。

new_twitter_logo

その新機能での文字数は上限10,000文字になるようで、そのツイートはこれまでと同じくタイムラインでは140文字までしか表示されず、全文を表示するには何らかのアクションを起こさないと表示されないようなデザインがテストされているとのこと。

なお、同機能の詳細な提供開始時期は明らかになっていないものの、早ければ2016年第1四半期中にも開始される予定のようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。