Apple、2016年1−3月期に「iPhone 6s/6s Plus」を3割減産か

本日、日本経済新聞が、国内外の部品メーカーによると、Appleは「iPhone 6s/6s Plus」の2016年1~3月期の生産量を、計画に比べ3割程度減らすようだと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
減算の理由としては、中国や日本、欧米などの各市場で流通在庫が積み上がっている為で、前のモデルに比べて機能向上が乏しかったと受け取られたことに加え、ドル高が進み新興国で大幅な値上げをしたことが販売低迷につながったとみられています。

在庫を圧縮すれば減産は終える見通しで、4~6月期には元の水準に戻すとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事