Apple、次世代iPhone向け有機ELディスプレイの供給でSamsung及びLGと契約間近か

韓国のElectronic Timesが、業界筋の話として、AppleはOELD(有機ELディスプレイ)の供給について、Samsung及びLG Displayと契約間近の段階まで達しているようだと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
残すは最終契約書にサインするだけの段階とのことで、SamsungとLG Displayは次世代iPhone向けのフレキシブル有機ELディスプレイの量産の為に、今後2〜3年で合計15兆ウォン(約1.5兆円)の設備投資を行う予定のようです。

なお、次世代iPhoneへの有機EL採用は以前より何度か報じられており、2018年に発売される「iPhone 9」から採用されるとの情報もあります。

[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事