Twitter、「攻撃的な行為」の定義を明確化

Twitterが、特定の集団に対する暴力を助長することを禁じるなど、アカウントの永久凍結につながる「攻撃的な行為」の定義を明確化した事を発表しました。

new_twitter_logo
既に日本のサイトのポリシーのページでも「攻撃的な行為」の定義が明記されており、以下のような行為をしているアカウント、およびこれに関連するアカウントは、一時的にロックまたは永久凍結されることがあるとのこと。

・脅迫行為 (直接または間接)
・嫌がらせ
・特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為
・複数アカウントの不正利用
・個人情報の公開及び投稿
・なりすまし
・自傷行為


なお、定義の各項目の詳細はTwitterのポリシーに関するページをご覧ください。

[via Reuter

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事