「iPhone」の2015年第4四半期の出荷台数、当初予想を下回る見込み

DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーの話として、2015年第4四半期(10〜12月)の「iPhone」シリーズの出荷台数は当初の予想より10〜15%低くなる見込みと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
ほとんどの市場調査会社は、同四半期の「iPhone」シリーズの出荷台数を当初7,600万〜7,800万台と予測していましたが、現在は7,200万〜7,500万台へと引き下げ、さらに2016年第1四半期(1〜3月)の出荷台数についても5,800万〜6,000万台から5,200万〜5,600万台へと引き下げており、この数字は前年同期に比べ12〜15%減になるとのこと。

「iPhone 6s/6s Plus」については需要が鈍化してきているとみられており、「iPhone」のサプライチェーンの複数のメーカーは11月から残業が減っている他、「iPhone」を製造しているFoxconnの鄭州工場も旧正月の休暇日数を延長するとの情報もあるそうです。(その後、Foxconnは否定するコメントを発表)

なお、「iPhone」の前年の販売台数は、2014年10〜12月が7,446万台、2015年1〜3月が5,820万台でした。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事