米Microsoft、大画面端末「Surface Hub」の出荷を再度延期 − 価格も値上げ

Microsoftは大画面端末「Surface Hub」を当初9月1日に出荷する予定だったものの、2016年1月1日からに延期していましたが、本日、同端末の出荷を再度延期する事を発表しました。

Microsoft_Surface-Hub-4153_A-1024x683
新たな出荷開始時期は2016年第1四半期中(1〜3月)とのことで、更に価格も値上げしており、発表当初の価格は55インチモデルが6,999ドル、84インチが19,999ドルだったものの、今注文すると54インチモデルは8,999ドル、84インチモデルは21,999ドルになり、既に注文済みのユーザーについては注文時の価格で対応するそうです。

なお、前回の延期の際は、延期の理由としては予想以上の予約があり、製造プロセスを拡張する為と案内されていましたが、今回の延期や値上げの理由については触れられておらず、不明です。

[via Petri

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事