LINEのライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」、公開初日で総視聴者数が500万人を突破

昨日、LINEがライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」のサービスを開始しましたが、本日、同社が同サービスの公開初日でで総視聴者数が500万人を突破した事を発表しています。

d1a3e5c4_R
500万人という数字は、LIVE公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザ経由での視聴者数を総計したもので、昨日の午後に開催したサービス発表記者会見中に実施したAKB 48の公開生放送では番組開始約7分で視聴者数が約50万人に達し、会見終了となる17分時点では約90万人を突破していたそうです。

その後、公開初日だけで視聴者数総計520万人を達成したとのことで、昨日に公開された各番組の視聴者数は下記の通り。

d1594-373-241337-2
 ・LIVE 公式サイト
 ・LIVE ウェブ版

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事