Microsoft、ブログオーサリングツールの「Windows Live Writer」をオープンソース化

本日、Microsoftが、同社のブログオーサリングツール「Windows Live Writer」をオープンソース化しました。

SS 2015-12-10 16.54.40
オープンソース化されたバージョンは「Open Live Writer」という名称でリリースされており、最新版の「Windows Live Writer 2012」がベースですが、オープンソース化できなかった一部機能や、すでに時代遅れとなっている機能は省かれています。

現在はバージョン0.5が英語版のみこちらからダウンロード可能で、将来的にリリースされるバージョン1.0で日本語を含む多言語化対応や検索・置換の実装などが行われる予定とのこと。

[via 窓の杜

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事