Amazon、タブレットの「Fire」シリーズにブルーライト抑制機能を追加へ

The Vergeなどによると、米Amazonが、同社のタブレット端末「Fire」シリーズのOSアップデートをまもなく実施する事が分かりました。

Fire_HD_8_Colors_webready
同アップデートでは、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明に多く含まれていて、眼や身体に大きな負担をかけると言われている「ブルーライト」を抑制する機能「Blue Shade」が追加される予定です。

また、ペアレンタルコントロール機能の新機能として「Activity Center」が追加され、親が子供のゲームプレイ時間やアプリの使用時間などを確認する事が出来るようになるそうです。

なお、同アップデートの対象端末は「Fire HD 10」と「Fire HD 8」と「Fire」で、今後2週間で順次配信が開始されるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事