韓国LG Display、2018年発売の次世代「iPhone」向け有機ELパネルの新工場を建設へ

昨日、Appleは有機ELディスプレイを搭載した「iPhone」を3年後に発売する計画で、供給元の1社である韓国のLG Displayは増産投資に乗り出す予定と報じられましたが、本日、日本経済新聞が、LG Displayがスマホ向けの中小型有機ELパネルの新工場を韓国内に建設する事が分かったと報じています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
同工場は2017年末にも稼働予定で、徐々に生産量を増やし、2018年に発売される「iPhone」への採用に向け供給体制を整える方針のようで、投資額は1兆円を超える見通しとのこと。

また、SamsungもAppleと「iPhone」向けに有機ELを供給する交渉に入ったそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事