Apple、次期「Apple Watch」のために第2のサプライヤーの追加を検討中か

先日、AppleはQuanta Computerと共に次期「Apple Watch」の開発に取り組んでおり、2016年第2四半期(4〜6月)にも出荷が開始されるとの情報があるとお伝えしましたが、本日、DigiTimesが、Appleは次期「Apple Watch」のために第2のサプライヤーを捜しているようだと報じています。

th_AppleWatch-3-Up-PRINT
Appleは2016年に次期「Apple Watch」を発表する計画で、現行モデルの生産を任せているQuanta Computerに加え、サプライヤーをもう1社増やす為にInventecやWistron、Foxconnといった企業と協議しているそうです。

なお、次期「Apple Watch」は2016年第2四半期の後に発売されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事