Microsoft、「OneDrive」のプラン内容の変更を発表 ー 無制限廃止や無料容量の縮小(15GB⇒5GB)など

本日、米Microsoftが、クラウドストレージサービス「OneDrive」のプランの内容変更を発表しました。

onedrive

まず、同者が去年から提供していた「Office 365 Home, Personal, University」ユーザー向けの容量無制限については、提供を終了し、今後はまた上限1TBに制限されます。

また、100GBと200GBのプランは廃止され(既存のユーザーはそのまま利用可能)、新たに50GB/1.99ドルのプランが導入される予定で、更に、無料ユーザーが利用出来る容量も15GBから5GBへと縮小され、15GBのカメラロールのボーナスも廃止されます。

既に5GB以上や1TB以上の容量を利用中のユーザー向けには順次通知が開始されるものの、本日より12ヶ月間はそのまま利用可能とのこと。

なお、これらの変更は2016年の早い時期に順次実施される予定で、変更に至った理由としては、無制限導入後に75TB以上ものデータをバックアップするユーザーなど、一部のユーザーがかなりの容量を使用しており、多くのユーザーが満足できるサービスを提供する事を優先するためだそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。