Microsoft、Android向けアプリ・ランチャー「Arrow Launcher」を正式にリリース

本日、Microsoftが、Android向けアプリ・ランチャー「Arrow」を正式にリリースしました。

th_SS 2015-10-29 7.45.00
その存在は今夏に明らかになっていましたが、「Arrow」を利用する事で、よく使うアプリへのアクセスが速くなり、メッセージ、写真、ノートなどもっともよく使うアプリの使い勝手が向上し、設定を変えるのも簡単になるとのことで、Microsoft製という事から「Bing」から壁紙を追加可能となっています。

また、「iOS」にも少し似ており、ホーム画面を右にスワイプすると検索やオススメのアプリが表示され、画面下から上にスワイプすることで機内モード、Wi-Fi、Bluetoothの機能に簡単にアクセス出来るドックを表示可能です。

なお、価格は無料で、Google Playよりダウンロード可能です。


[via TechCrunch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事