日本の大阪や名古屋など、新たに15の地域がAppleのマップアプリの3D Flyover機能に対応

本日、Appleが、日本の大阪や名古屋などを含む、世界各国の15の地域がマップアプリの「3D Flyover」機能に対応した事を発表しました。

th_SS 2015-10-27 6.52.05

新たに対応が発表された地域は下記の通りで、米国のサイトのリストには下記の地域が追加されていますが、現在のところ私の環境ではまだ利用出来ず、今後順次利用可能になるものと予想されます。

・スイス:バーゼル
・ドイツ:ビーレフェルト
・フランス:ヴェルドン渓谷
・米国:ハワイ
・米国:ラッセン火山国立公
・日本:広島
・日本:京都
・日本:名古屋
・日本:大阪
・日本:岡山
・日本:仙台
・チェコ:プラハ
・スペイン:レオン
・ポルトガル:ポルト
・メキシコ:トゥルム

先日、読者の方からの情報で大阪などが「3D Flyover」に対応したと一瞬報じたものの、確認出来なかったため訂正させて頂いたのですが、順次提供が開始されていたのかもしれません。

また同時に、「Nearby」の機能もこれまでは米国と中国でのみ利用可能でしたが、新たにオーストラリア、ドイツ、カナダ、フランスが利用可能地域に追加されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。