2017−2018年に登場する次世代「iMac」などにAMD製のカスタム x86 SoCが採用されるとの噂

本日、Bitsandchips.itが、情報筋の話として、Appleは2017年から2018年に発売する次世代「iMac」や次世代「MacBook」でカスタムx86 SoCを採用する事を検討しているようだと報じています。

AMD_Logo.svg
SoCとは、「System-on-a-chip」の略で、1つの半導体チップ上に必要とされる一連の機能(システム)を集積する方式となっています。

そして、そのパートナーとして名前が挙がっているのがAMDで、2016年から2017年に登場するAMDの次世代x86アーキテクチャ「Zen」をAppleが採用するとのこと。

なお、AppleとAMDについては、2011年にAppleが「MacBook Air」へのAMDプロセッサの採用を検討していた事が明らかになっていますが、その時は供給量などの問題により採用までには至らず見送られたと言われています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事