Facebook、「iPhone」向け公式アプリがバッテリー消費に与える影響を調査し修正へ

以前より「iPhone」のバッテリー消費が早くなる原因の候補の1つとして「Facebook」の公式アプリの名前が挙げられていますが、本日、Facebookがこの問題について調査を始めた事が分かりました。

facebook_2015_logo_detail

The Mac Observerによると、「iOS 9」では「Facebook」アプリのバックグラウンド更新をオフにしていてもバックグラウンドで動いており、何を行っているかは不明なものの、同アプリがバックグラウンドで何かしているのは確実とのこと。

これについてFacebookの広報は、一部のユーザーから同社のiOS向け公式アプリが原因と思われるバッテリー問題に直面していると聞いており、現在調査をしていて、すぐに修正したいとの考えを明らかにしました。

この修正がいつ行われるのかは不明ですが、MacStoriesによると、「Facebook」アプリは「iOS」のオーデディオセッションをバックグラウンドで使用しており、バッテリー消費が早くなるのはそれが原因である可能性もあるそうです。

取り急ぎ、現時点で「Facebook」アプリでバッテリー消費に影響を与えないようにするには、同アプリをアンインストールし、「Safari」から「Facebook」にアクセスするしかないようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。