「iPhone 6s Plus」の16GBモデルの製造原価は236ドル

毎年恒例ですが、米IHSが、Appleの「iPhone 6s Plus」の実機を分解して調査した原価分析結果を発表しました。

th_Apple_iPhone_6s_Plus_Expanded
その報告によると、「iPhone 6s Plus」の16GBモデルの製造原価は236ドル(約28,300円)で、「iPhone 6 Plus」に比べ16ドル値上がりしている事が分かったそうです。

部品別にみると、最も高いのはディスプレイ部品で52.5ドル、その次はiSightカメラ及びFaceTimeカメラが22.5ドルとなっており、次いで「A9」プロセッサが22ドル、DRAMが17ドルと見積もられています。

なお、同モデルの米国での販売価格は749ドルとなっている事から、粗利益率は68.5%となり、ここ数年の「iPhone」シリーズとほぼ同じ数値となっています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事