「Yahoo!地図」アプリが「iOS 9」と「watchOS 2」に対応 − 「Apple Watch」の文字盤で雨が降るかどうかを確認可能に

本日、Yahoo!Japanが、iOS向けの無料地図アプリ「Yahoo!地図」をアップデートし、最新版のバージョン4.14をリリースしました。

yahoomap
今バージョンでは、「iOS 9」に対応し、Slide Over機能が使える一部の「iPad」で地図アプリと同時に他のアプリを利用する事が可能になった他、「Apple Watch」及び「watchOS 2」に対応しました。

これにより、「Apple Watch」上で前後1時間の範囲で現在地周辺の雨雲地図を表示し確認することが可能になった他、「watchOS 2」を搭載した「Apple Watch」ではComplicationを設定することで文字盤で3時間前〜1時間先まで雨が降るかどうがが確認出来るようになりました。

yahoomapw2
Yahoo!地図 – ナビゲーションや雨雲レーダー搭載の無料地図アプリ
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事