Google、「Chrome 45」でアイドル状態のタブのメモリ使用量を削減

先日、Googleが「Chrome 45」の安定版を公開しましたが、その「Chrome 45」ではアイドル状態の(使用されていない)タブのメモリ使用量の削減が行われている事が分かりました。

chromelogoss
「Chrome 45」ではアイドル状態のタブのメモリを自動で解放するようになっており、平均約10%のメモリ使用量を削減出来るそうです。

下記がそのテスト映像で、映像は8倍速となっており、「Gmail」のような複雑なウェブアプリではメモリ使用量が約25%削減されるそうです。


また、今バージョンでは、重要ではないと判断したFlashコンテンツの再生をデフォルトで自動停止するようになりましたが、これによりバッテリー駆動時間が最大で15%改善されるとのこと。

[via Google

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事