「iPhone 6s」のFaceTimeカメラはより大型のセンサーを搭載か

9 to 5 Macが、「iPhone 6s」のものとされるディスプレイ部品の新たな写真を公開しており、「iPhone 6s」のFaceTimeカメラはより大きなセンサーを搭載するようだと報じています。

th_9to56
同様の部品の写真はこれまでに何度も公開されていますが、液晶ディスプレイの裏にある謎のチップはForce Touch(感圧タッチ)機能の為とみられています。

「iPhone 6s」のFaceTimeカメラについては、スローモーション動画撮影とパノラマ撮影が可能になる他、画面を一瞬だけ白く光らせるソフトウェアフラッシュが利用可能になると言われています。

そして、iSightカメラについては、1200万画素のイメージセンサーを搭載し、4K動画撮影が可能になると言われており、カメラの出っ張りに関しては引き続き出っ張ったままになるようです。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事