「OS X El Capitan」はファイルをすぐに削除出来る機能を搭載

今秋の正式リリースに向け開発及びベータテストが進められている「OS X El Capitan」ですが、「OS X El Capitan」では、ファイルをゴミ箱に入れずにそのまま削除出来る「すぐに削除」機能が搭載されている事が分かりました。

20150820_Menu_1 2

「OS X El Capitan」では、「Finder」のメニューバーの「ファイル>ゴミ箱に入れる」がOptionキーを押すことで「すぐに削除」に切り替わるようになっており、すぐに削除したいファイルを選択した状態で同操作をすればファイルをゴミ箱に入れずにすぐに削除出来ます。

また、同機能のキーボードショートカットは「Option + Command + Delete」となっており、どちらの方法でも削除前には警告のダイアログが必ず表示されるようになっています。

[via MacObserver

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。