「iPhone 6s」の「A9」プロセッサの動作周波数は1.85GHzで、引き続きデュアルコアか

WCCF Techなどによると、中国のWeibo(1/2)にて、「iPhone 6s」に搭載される「A9」プロセッサのスペックやベンチマークスコアに関する情報が投稿されている事が分かりました。

apple_a9

その情報によると、「iPhone 6s」に搭載される「A9」プロセッサのGeekBenchのベンチマークスコアは、シングルコアで2090、マルチコアで3569になり、3Dグラフィックス性能のベンチマーク「GFXBench」の結果は、MANHATTANのオフスクリーンで30.3、T-REXのオフスクリーンで66となっているそうです。

この事から、「A9」プロセッサは、「iPhone 6」に搭載されている「A8」プロセッサに比べ、CPUで28.5%、GPUで60%の性能アップになっているとのこと。

また、「iPhone 6s Plus」用なのか、次期「iPad」シリーズ用なのかは不明なものの、「A9X」プロセッサのGeekBenchのベンチマークスコアも報じられており、シングルコアで2109、マルチコアで5101となっています。

これらの情報の出所などが不明な為、どこまでが本当なのかは不明ですが、今回の情報と「iPhone 6」及び「iPad Air 2」の各ベンチマークスコアをまとめたのが下記の表になり、「A9」プロセッサのマルチコアのスコアがトリプルコアの「A8X」プロセッサよりも低い事を考えると、「A9」プロセッサはデュアルコアのままなのかもしれません。

  iPhone 6s(A9) A9X iPhone 6(A8) iPad Air 2(A8X)
動作周波数(コア数) 1.85GHz(2コア?) 1.4GHz(2コア) 1.5GHz(3コア)
RAM 1〜2GB(?) 1GB 2GB
GeekBench(シングルコア) 2090 2109 1630 1812
GeekBench(マルチコア) 3569 5101 2921 4477
GFXBench
(MANHATTAN)
30.3 17.8 32.4
GFXBench
(T-REX)
66 42.3 70.4

なお、「A9」プロセッサについてはこれまでにも様々な情報が出てきており、下記の関連エントリもご覧下さい。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。