「iPhone 6s/6s Plus」とみられる2つの未発表モデルがモバイル広告ネットワークのログに登場

MacRumorsによると、モバイル広告プラットフォームを展開する米Fiksuの7月のデータログに、2つの新型「iPhone」とみられる端末からのアクセスがあった事が分かりました。

th_iphone6-select-2014_GEO_JP
その端末の機種IDは「iphone8,1」と「iphone8,2」となっており、現行の「iPhone 6/6 Plus」の機種IDが「iphone7,1」と「iphone7,2」になっている事から「iPhone 6s/6s Plus」である可能性が高いとみられており、「iphone8,1」と「iphone8,2」の端末では旅行アプリやゲームアプリが利用されていて、大半が米国内からであるものの、一部はドイツやブラジルからとなっているそうです。

また、同時発売が噂される「iPhone 6c」とみられる端末からのアクセスはなく、「iPhone 6c」は発売が遅れるのか、開発すらされていない可能性が出てきました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事