感圧タッチ技術を搭載した「iPhone 6s」で出来るようになる事の一例が明らかに

次期iPhoneこと「iPhone 6s」シリーズではForce Touch(感圧タッチ)技術が搭載されると噂されていますが、本日、9 to 5 Macが、情報筋から聞いたとされる「iPhone 6s」で感圧タッチがどのように動作するかに関する情報を公開しました。

th_iphone6-select-2014_GEO_JP

Appleの内部では「iOS」の感圧タッチ版は「Orb」と呼ばれており、「iPhone 6s」シリーズでは感圧タッチは各種機能に素早くアクセス出来るショートカットアクションに割り当てられるようになっており、その一例が下記の通り。

・マップアプリでは任意の地点を強タップする事で、素早く経路案内を開始する事が可能に
・ミュージックアプリでは、曲を強タップする事で、プレイリストへの追加などが可能に
・ホーム画面のアプリのアイコンを強タップする事で、アプリの特定の機能にアクセス可能に
・Safariではリンクやテキストを強タップする事でリンク先のプレビューや辞書の表示が可能に

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。