Googleのラリー・ペイジ氏が新会社「Alphabet」を設立 − Googleは子会社に

本日、Googleのラリー・ペイジCEOが、新会社「Alphabet(アルファベット)」を設立し、そのCEOに就任した事を発表しました。

th_SS 2015-08-11 7.39.44
Alphabetの設立の目的は、Google傘下にある様々なビジネスをGoogleから切り離し対等な立場でAlphabet傘下に置くことで、透明性の向上、事業ごとにCEOを置き経営判断の強化を計ることだそうで、これに伴い、GoogleはAlphabetの子会社となり、GoogleのCEOにはシニア・バイスプレジデントだったサンダー・ピチャイ氏が就任し、Googleの全株式もAlphabet株に移管されるとのこと。

逆に、先端技術研究部門の「X Labs」、ドローンによる物流を事業化する「Wing」、血糖レベルを検出するコンタクトレンズなど健康・医療事業の「Life Science、Calico」、投資事業の 「Ventures、Capital」などはGoogleから切り離されAlphabet傘下の子会社になるそうです。


[via ロイター, Engadget

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事