「iPhone 6s」と「iPhone 6」の筐体のサイズ比較映像 − 「iPhone 6s」の筐体は強度アップのためか、少し厚くなっている事が明らかに

Unbox Therapyが、「iPhone 6s」のものとされる筐体(リアシェル)と「iPhone 6」の筐体の各種サイズなどを比較した映像を公開しています。

th_SS 2015-08-11 2.05.01

昨年、「iPhone 6」がリリースされた後に”Bend Gate”と呼ばれる本体が曲がり易い問題が話題になりましたが、「iPhone 6s」用の筐体はその対策の為か、側面部分が分厚くなっており、音量調節ボタンの箇所の厚みは1.14㎜から1.90㎜へと増加しています。

また、筐体のサイズについては、「iPhone 6」が138.09×66.91㎜、「iPhone 6s」が138.26×67.10㎜とあまり変わらず、重さは「iPhone 6」が27g、「iPhone 6s」が25gと、「iPhone 6s」の方が若干軽くなっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。