「iPhone 6s」シリーズの量産、当初の予定より1〜2週遅れて8月後半に開始か

台湾の経済日報によると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleの新型iPhoneこと「iPhone 6s」シリーズの量産は当初の予定より1〜2週遅れ、8月後半より開始されるようだと報告していることが分かりました。

th_iphone6-select-2014_GEO_JP
また、「iPhone 6s」はFoxconnとPegatronの2社で製造され、その割合はFoxconnが約60%、Pegatronが約40%となっているようで、「iPhone 6s Plus」に関してはFoxconnが独占的に製造するようです。

「iPhone 6s」シリーズの発売は9月後半とみられていますが、同氏は発売に影響はないものとみています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事