LINE、サービスの脆弱性の発見を公募し最大約250万円の報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施へ

本日、LINEが、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」を対象に、2015年8月24日~9月23日の期間中、サービスの脆弱性の発見を公募し、報告者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」を実施する事を発表しました。

LINE

「LINE Bug Bounty Program」はユーザーにより安心で安全なサービスを提供することを目的として実施され、2015年8月24日12時~9月23日12時(日本時間)の期間内に報告されたLINEアプリの脆弱性を同社が確認・審査を行い、その内容が認められれば報告者名や脆弱性の概要を公表し、重要度に応じて1件当たり最低$500~$20,000(約6.2万円〜249万円)の報奨金を支払うそうです。

また、脆弱性の公表および報奨金の支払いは、該当脆弱性への対応が完了した後に行う予定で、既にLINE株式会社にて把握しているものや他者によって先に発見・報告されているものは、審査対象外になるとのこと。

なお、プログラムの詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。