Microsoft、パーソナルアシスタント機能「Cortana」の日本語対応に向け準備を進めている事を明らかに

本日、Microsoftが、公式ブログにて、パーソナルアシスタント機能「Cortana」の日本語対応に向け準備を進めていることを明らかにしました。

SS 2015-07-21 0.00.01

同時に公開された映像の1分58秒と2分22秒あたりから日本語版が動作する様子が映っています。

「Cortana」は、7月29日にリリースされる「Windows 10」では米国、イギリス、中国、フランス、ドイツ、スペインの7カ国でのみ利用可能ですが、今後数ヶ月以内に日本、オーストラリア、インド、カナダのWindows Insider プログラムの登録ユーザー向けに提供を開始する予定で、今年後半にはブラジルとメキシコでも同プログラム向けに提供を開始する予定とのこと。

なお、製品版での提供開始時期などは明らかにされていません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。