携帯各社、年内にもスマホの通信速度表示を実効速度に切り替えへ

読売新聞によると、本日、総務省が、携帯電話会社が広告などで表示するスマートフォンの通信速度を、実際に計測した速度(実効速度)で表示するよう携帯電話大手3社に求める運用指針をまとめた事が分かりました。

Apple-iPhone-6-vs-Sony-Xperia-Z3-Compact
これにより、3社は各OSや通信規格が異なる機種ごとに全国10都市の計約1,500カ所で速度を測定し、年内にも表示を改める予定で、これまでの理論上の最大値(最大150Mbps)も引き続き併記可能なものの、今後は実効速度を「20.0〜30.0Mbps」といった幅を持った数値で表示するようになるとのこと。

[via iPhoneちゃんねる

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事