China Telecom、「iPhone 6s」が下り最大300MbpsのLTE通信に対応する事を明らかに

先日に流出したロジックボードの写真から、「iPhone 6s」シリーズはQualcomm製のLTEモデム「MDM9635M」を搭載し、下り最大300Mbpsの通信速度に対応するものとみられていますが、本日、China Telecomからも「iPhone 6s」シリーズが下り最大300Mbpsに対応する事が明らかにされました。

th_9to5mac_6s16
同社は、LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーションを「天翼4G+」というブランド名で展開する事を発表し、その「天翼4G+」に対応したスマホを投入するメーカーの中にAppleが含まれていた事が分かりました。

今回の件については、China Telecomが既にAppleから「iPhone 6s」シリーズの情報を聞いているとは考え難い為、あくまでChina Telecom側が勝手に掲載した可能性が高いですが、前述したLTEモデムの件から「iPhone 6s」シリーズが下り最大300Mbpsに対応する可能性は高そうです。

1238593
[via blog of mobile, CNMO

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事