Apple、ホームボタンを無くした超薄型「iPhone」の実現に向けタッチスクリーンチップを開発か

DigiTimesが、台湾のICデザイン業界の関係筋の話として、Appleは「iPhone」向けにタッチ及びディスプレイドライバ統合(TDDI)シングルチップソリューションを開発しているようだと報じています。

th_SS 2015-06-22 23.24.25
このTDDIシングルチップソリューションには指紋センサーが統合されており、将来の「iPhone」は、非常に細いベゼルのディスプレイを搭載し、ホームボタンが省かれ、全体的にフラットなデザインになる可能性があるとのこと。

また、Appleは既に社内で自社製品向けのCPUを開発しているといった情報もあるそうです。

[via Cult of Mac]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事