「Windows 10 build 10147」がウェブに流出 ー スクリーンショット集や変更点

本日、「Windows 10」の最新ビルドである「Windows 10 build 10147」がウェブに流出し、NeowinMicrosoftNewsがそのスクリーンショット集を公開しています。

1_screenshot_(13)_story
同ビルドでは新ブラウザの名称が「Project Spartan」から「Microsoft Edge」へと正式に変更されている他、「Microsoft Edge」でもダークテーマが適用されるようになったり、ウインドウのタイトルバーにもテーマカラーが適用されるようになったりと、ユーザーインターフェイスの細かな部分が改良されています。

また他にも、タブレットモードや音声アシスタント機能「Cortana」の改良、写真アプリでのGIFのサポート、メール/カレンダーなどのアプリのアイコンデザインの刷新、新しい壁紙の追加なども行われています。

なお、スクリーンショットは下記リンク先で見る事が出来るので、是非ご覧下さい。

 ・Neowin
 ・MicrosoftNews

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事