Apple、「Apple Music」の売上の70%超を音楽会社や著作者らに支払いへ

ロイターRe/Codeなどによると、Appleが6月30日にサービス開始予定の音楽配信サービス「Apple Music」について、同サービスで得る売上高の71.5%を音楽会社や著作者(作詞・作曲家)らに支払う事を明らかにしたそうです。

applemusic
これは同社のiTunes Content担当副社長のRobert Kondrk氏が明らかにしたもので、サービス開始から3ヶ月間の3ヶ月間ある無料試用期間は支払われず、71.5%というのは米国の話であり、世界各国ではその国ごとに違うようで、平均すると73%になるとのこと。

なお、「Spotify」などの他のサービスに比べ高い理由としては、3ヶ月の無料試用期間を考慮した為のようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事