ブラウザから使える「Skype」のベータ版が誰でも利用可能に ー 日本語にも対応

本日、Microsoftが、Webブラウザからサインインして使える「Skype for Web」のベータテストを拡大し、日本を含む世界各国で招待なしで利用可能になりました。

th_SS 2015-06-16 0.29.25
同ベータ版は去年11月に招待制で公開され、先日には米国とイギリスで招待なしで利用可能となっていましたが、本日より世界各国で誰でも利用可能となっています。

対応ブラウザはInternet ExplorerとChromeとSafariとFirefoxで、OSはこれまでWindowsとOS Xのみサポートされていましたが、今回からはChromebookとLinuxもインスタント・メッセージのみサポートされています。

 ・Skype for Web
 ・ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事